食事を通じて、代謝をあげて薄毛を防止する

食事を通じて、代謝をあげて薄毛を防止する

薄毛防止に大切なものはタンパク質、ミネラル類や野菜などです。

髪の毛はたんぱく質が約90%を占めていますので、普段の食事の中に取り入れていくことが必要です。

ビタミンEも、頭皮の細胞の動きを促す効果があるので、 薄毛や抜け毛の防止に繋がる栄養素です。

野菜が少なく、お肉中心の偏った食事や、脂質や糖質多く含まれるインスタント食品の摂取は、抜け毛に繋がりますの注意が必要です。

食事が偏りがちな人は、サプリメントに頼るのもよい方法ですができるだけ食事で栄養を摂取するようにしましょう。

代謝が良いというのは、薄毛防止に繋がります。薄毛の人は頭皮や髪の毛に送る血流が不十分な傾向にありますので、ショウガで代謝をあげるなど代謝を上げる食物で頭皮に栄養を届きやすくすることができます。

ビタミンCは代謝を向上させる作用があり、抗酸化作用もあるので摂取することで血管の老化を防いで、血の巡りを促進してくれます。

血流が良くなることは、頭皮から髪の毛に多くの栄養が運ばれることになりますので、ビタミンCが多く含まれている野菜、キャベツ、ほうれん草、じゃがいも、さつまいもなどを定期的に食べるようにしていきましょう。

亜鉛・カルシウム・マグネシウム・鉄などのミネラルは薄毛や抜け毛予防効果があり、必要な成分です。

髪の毛を作るケラチンというたんぱく質の合成を、亜鉛が補助してくれます。亜鉛不足は抜け毛に繋がる可能性もあります。

意識して亜鉛が含まれている食品を食べるようにすることで、薄毛防止を行うことができます。

ただし、亜鉛を過剰摂取すると、急性亜鉛中毒によりめまいや吐き気という副作用が出る可能性がありますので注意しましょう。

イソフラボンは大豆や大豆食品に含まれるポリフェノールの一種で、大豆イソフラボンは、薄毛防止の役に立つとも言われています。

お酒は食事をとらずに飲んだり二日酔いになるまで飲むと、頭皮に必要な栄養が送られてこないことがあるので、お酒は程々にしてください。

煙草は血管を収縮させ、血行を悪くする作用があります。煙草はビタミンなどが失われてしまいますので薄毛防止には適さないです。

身体的にもそうですが 育毛治療などを行うときに有害なものを取り入れて健康に戻そうとすることはありません。

食生活の改善は薄毛防止で大切なことなのですが、あくまでサポートする役割です。

栄養の良いバランスのとれた食事と正しい日常生活を送って身体共に健康にすごしていきながら、薄毛防止を行ってください。

メニュー

Copyright(C) 2017 育毛・植毛業界の実態 All Rights Reserved.